生活スタイルを知る

根本的に異なることを知る

アメリカに留学してみたい、またアメリカで永住してみたいとなどの希望を持っている人もいるでしょう。確かにアメリカはリベラル精神を主としている部分もあり、そして個々人の存在に対してとてもおおらかな部分もあると感じられるが、それとこれとは話は別だ。日本人が海外での暮らしを実際に体験するとなったら様々な障害を経験することになる、それこそ日本という国が今まで悪いところしか見てこなかったことを後悔するほどにだ。道を普通に歩いていたとしても、よほど状況とタイミングなどが重ならなければ犯罪に見舞われることはない。ここでいう犯罪は殺人事件もしやに含めている、というのも、むしろ殺人事件ほどこんなに頻繁しているなんて夢にも思わなかったと実感するほどにだ。殺人とまではいかなくても、日常的に置き引きやスリといった窃盗関係は茶飯事とまでいわれるように頻発している事件だ、そのため常に日本人は自ら身の回りを警戒しなければならない意識を持ち続けなければならない、日本に住んでいる中ではそういった緊迫した状況に苛まれるようなことがない上に、そもそもよほどのことでもなければ犯罪にめぐり合うこともないのも事実だ。

しかしこうした点はアメリカと日本での暮らしにおける相違としては基本中の基本となっている、それ以外にも意識的に受け入れていなければならない部分は山ほどある。それこそ日本で培われた常識に捕われないように、自分は今異国に住んでいるという意識を持つ事は必須だ。日本ではこんな事はなかったなどという言い訳が通じることもなく、そんな戯言を言ったところで誰一人として助けてはくれないのが真実だ。日本においても最近ではそこまでではないが一昔前の話では困っている人を助ける事は常識だとする、固定観念が存在していたといえるだろう。今でもあるだろうが、昨今の状況を考査してみると他人との協調性を意識している人はほとんどいないといえるので、ここはある意味では日本人にもどことなく変化した部分かもしれない。

それでも日本人という性根を抱えてしまっているため、中々脱皮し切れているところはないだろう。それでもやはり文化が理解しきれていないがために危険に知らず知らず投じてしまっている、なんて状況に陥っているところもあるので、そういった点を踏まえつつアメリカでの生活スタイルの基本について、話をしていこう。

移動手段は車、徒歩なんて持っての他

先進国ともなれば移動手段として利用する術は車やバス、電車といった交通機関を利用することになる。その中でもアメリカにおいては主流とする交通手段として利用しているのが、車での移動だ。アメリカは絶対的ともいえる車大国となっているので、車なくして移動することは叶わずとしている考えが根付いている。免許を取得する年齢になれば誰もが取得するのは当たり前、というほど車がなければアメリカでの生活は実現できないほどにだ。

日本だとちょっとそこまでなら徒歩、または自転車などで十分だよねと考えていいが、アメリカではむしろ徒歩で歩いて買い物という考え方がない。何をするにしても車での移動が主流となっており、また車がないと移動することもままならない部分もある体。その理由として、身の安全が保証されないからだ。日本人の中にはそうした危険意識が希薄がために被害者になってしまうなんてことが、当然のように頻発している。

単純にアメリカという国が広大な土地を持つ国だからというのもある、簡単な買い物をするとなっても近場のスーパーまで歩いて行ったら10分程度で着くとは限らないからだ。だからこそアメリカでの生活を始める人は、まず最初の内に免許を取得するために勉強をするのは基本となっている。車がなくても電車やバスがあれば十分と、そう考えている人はほとんどいない。日本人がアメリカでの暮らしを実現させることになったとしたら、こうした点を踏まえて生活しなければならない。車は老若男女、誰もが一人一台保有しているのが基本のアメリカ社会において不可欠だということを理解していなければならない。

食生活のサイクルになれる

アメリカといえばとにかく高カロリーの国だということがよく知られているだろう、住んだ事もなければ訪れたこともない人でなくても理解している部分だ。また日本の食事に慣れきってしまっていると、海外の食生活はどうしても合わないと嘆いたという経験を持っている人も多いことだろう。それくらい、アメリカを始めとした海外へと観光を含めた渡航経験を持っている人達からすれば、日本に暮らしていると食事が上手すぎてどうしようもないと、意見が一致するところである。

土地柄などの田舎気質な部分もあるかもしれないが、アメリカでは他民族文化となっているため、地域事に食生活もバラバラとなっている。しかもアメリカ国内は50もの州という名の国家を形成しているので、独自に発展した文化が形成されている。単純にアメリカ合衆国とはいってもそれぞれの州において、独自に発展した食文化が存在していることを考えたら、日本ではどこに行ったとしてもよほどの事がなければ味のはずれがないので凄いところだ。異文化での暮らしにおいては先ずは食生活に慣れるところから始めなければならない、だがそうした文化を経たとしても食事そのものになれることはない人ももちろんいる。食事になれることができなければ食欲は当然のように失われていき、更に日本食を欲するようになるだろう。

もちろんアメリカにも日本食を専門としたレストランなどはあるが、そこで本当に求めている理想的な日本の食事を味わうことが出来るわけではない。というよりアメリカにて出展している日本食の店はその国の文化に合わせたメニューを構成しているので、日本人の視点としておかしいだろうとかんじることがあるかもしれないが、それはアメリカにおいてはごく自然なことだ。そもそも経営しているオーナーが日本人ではない事が頻繁なのも大きい。

こうした点から外食することも正直躊躇ってしまうなど、慣れるまでに時間を要してしまうと考えているのであればなおのこと必須のスキルである、料理が出来なければ相当苦労するだろう。アメリカであるなら確か日本の食材を購入することも出来るだろう、調味料を始めとしたものも購入できる。ネット通販などをして購入したとしても、買った本人に調理スキルが備わっていなければ宝の持ち腐れとなってしまう上、食事で困るのは結局自分だからこそ中々にシビアな問題なのが理解できるだろう。海外暮らしを夢見たとしてこうした生活する上で必要となるスキルがなければ苦労することになってしまうので、注意したい。