日本の病院と比べないで

アメリカの医療費は物凄い高い

アメリカでの生活をすることになった、車も諸手続をして保険にも入って、そして生活に必要なものも購入できたとしよう。そしてこれからの人生はアメリカで悠々自適な生活を過ごしていくんだと考えているだろう。そうした日々の中で必ず掛かりつけることになるもの、それは病院だ。一生涯健康体でいられるのであればそれほど幸福なことはないだろう、しかし日本からアメリカへ移住するとなった際に、アメリカでの生活でどうしても環境の変化で肉体的な変化をきたすこともある。これはしょうがないことだ、誰でも病気にならないで異文化での生活を過ごしていけるほど、外国暮らしは簡単なモノではない。きっと何かしらの病気に感染し、またその際には病気にかかりつけることになるだろう。

一度医療について簡単に調べてみたが、アメリカにおいては日本などにあるような国民皆保険なるものは存在しておらず、医療保険に加入するなりして医療費を支払うことになる。そのため、最悪全額負担しなければならないという事態に巻き込まれてしまうこともある。そのため日本人がアメリカへの観光旅行などで訪れた際には、アメリカの病院に掛かるのではなく、帰国してから日本の病院で診察してもらったほうがトラブルにならないと、外務省自らがその胸を告げている。それだけアメリカでの医療費トラブルが頻発しているということだ。

またアメリカで医師に診療してもらう際にも、日本とかなり違っているのでその点も理解していなければならない。その中でも最も異なる部分としては、アメリカにおいて病院は必ず予約をしてからいくこと、日本のように病院へ何の連絡も告げる事無く受付をして受診する、といった方式は通用しない。そのため、先ずはしっかりと予約をしてから病院へ行くという習慣を付けなくてはならない。その他にもアメリカにおいて医療に関する気をつけておきたい事はまだまだあるので、アメリカで病気になった際の病院・医療関係について詳しく考察して行こう。

病院関係について

ではそんなアメリカにおける病院について、色々と紹介していこう。先に話したようにアメリカの場合には必ず診療してもらいたい場合になったら予約は必要となるが、その際自身の体調について詳しく説明する必要がある。ただ行きたいからという理由で予約をしたいという不調について何ら説明をしないでいると、『予約は再来週になるので来院お待ちしております』、といった展開になってしまう。今日とは言わなくても明日、もしくは明後日といった日時、それだけ自分の体調が思わしくないから早く見て欲しい場合には、キチンと説明すればさすがに配慮してくれるので説明は欠かせない。ただあまりに状況が切迫していると判断されてしまった場合には、救急車を呼んでくれという事態になりかねないので早くしてもらいたいがために誇張した言い方をするととんでもない金額を支払うことになり、さらに迷惑を掛けてしまったことで色々とアメリカで生活して行く上で、不便な状況に曝しかねない。ありのまま、そして素直に状況を簡潔に説明して、来院予定を少しでも早めてほしい旨を伝えるようにしよう。

無事に予約して、数日の内に病院へ訪れることになった時の話を次にしよう。ここでもやはり日本とは若干異なっているので、その点についても挙げていくと、こういった違いを理解出来るだろう。

病院の受付時において

(1):初診時の場合
病院を訪れるのが初めてだった場合、容態と問診表、そして保険証などを提出するのが日本の一般的な初診時の対応ですが、アメリカでも同様に問診表よりも細かい家系の病気記録や本人のアレルギーなどを把握するために、非常に細かい書類を記入して行くことになる。またこうした問診表を記入する時間もあるので、来院予約をした時間の30分前に訪れるようにしよう。ここも日本においては共通しているところだろう。初めてだからこその準備が必要となっているので、その点については注意をしよう。
(2):受け付けでの応対
書類作成時間もあるので早めに来院する。そして無事指定された時間よりも早めに訪れたら受付にて保険証を提示し、予約を確認してもらったら診察の自己負担金を支払ってから、先に話した問診表の記入に移る。自己負担金が先払いになっているところは日本にはない特徴だろう。日本では診察内容に応じて点数をつけてもらって、それに準じて診察料を判断することになっている。これを考えるとやはりアメリカと日本では医療の体系が異なっている事が理解出来る。

医師の診断の際に

受付にて必要書類を提出し、これから診察開始とする前に先に看護師から血圧や体重といった必要な情報を収集するために、まずは簡単に身体測定から始めていく。一通り測定し終わったら指示にもよるが、必要に応じて着替えをしていく。そして医師が来たら症状を詳しく説明して診察を開始して行く、という流れになっている。診察後にはこちらも必要に応じて検査室や注射室といった別室へと移されることもある。

薬を処方されたら

診察後に薬を処方されることがあると思うが、その折に出された薬毎に自己負担金を支払わなければいけないところが、実質辛いところだ。日本では専用の薬局において薬を処方してもらうことになるが、アメリカの場合においてはドラッグストアにて薬を受け取ることになる。ここでも日本とはそれなりに異なるところだが、総合病院などにおいては薬局が館内に設備されているので、底で薬を処方してもらう。こうしてみるとそこまで違いはないように見られなくもないが、やはり総体的に考えると日本とアメリカでは病院の体系が異なっている部分でもあるだ。

アメリカの医療保険の特徴として

こうしたアメリカの病院システムを見ると、日本とは大きく異なる部分が多くある。一番の特徴としては自己負担しなくてはならない治療費が日本と段違いで高くつくということ、これは統一化された国民皆保険がないがための由縁だ、そのためアメリカに住む人々は個人で医療保険に加入しなければならない。また医療保険に加入することになったら際のアメリカらしい特徴として、『専属の掛かりつけである医者を決めなくてはならない』、ということだ。何処でも好きなところで診察してもらえれば良いという日本とは根本的にここでは異なる。また、掛かりつけの医師以外に病気の診察などをするのも原則禁止となっており、専属医師が許可を出さない限りは医師を変更することはできない。

こうしたアメリカの医療保険における医師の選択などにおいては、加入することになる医療保険毎に若干の違いがあるので、その点については以下の通りとなっている。

HMOs
Health Maintenance Organizationsと呼ばれるこの医療保険においては、保険会社と契約している医師の中から選択して掛かりつけを決めることになる。ただ最初に掛かりつけの意思に診察してもらわないと保険が下りない、また人口の多い都市部におけるクリニックを選択してしまうと予約をする際に最大で1ヶ月以上も診察時期が延ばされてしまうなどの問題もあるので、定番ではあるが問題も幾らか大きいと感じる日本人は沢山いるかもしれない。
PPOs
Preferred Provider Organizations、こちらの保険は先ほどのHMOsよりかは医療機関の選択の幅は広く、どちらかといえば融通の効きやすい面も若干ではあるがそれなりに出来るようになっている。保険会社と契約している医師以外を掛かりつけに指名することも出来るが、自己負担金分の割合が多くなっているところが難点となっている。お金について心配をすることはない、また医師選択に力を掛けたいと考えている人にはこちらの保険は中々いいだろう。
POS
Point of Service、この保険は先に紹介したHMOsとPPOを折衷しつつ、どちらかといえばHMOsの性質となっているのがこの保険の特徴となっている。契約している医師を選択することで、自己負担金も少ない額で済ませることになる。掛かりつけの医師以外に診察を以来することも出来なくもないが、負担金が増加することを了承できるのであれば、選択の1つとして可能だろう。

このように、保険の種類として主に3つ存在して入るものの、他にも支払わなければならない負担金が境遇の差において異なってくるところも日本と似ているが、それでもやはりアメリカの医療保険よりも日本の医療保険の方がよかったと、そう感じられてしまうのも無理はない。今まで日本で医師が人間的に合わないなどの問題があればすぐに替える事は出来る上、また負担金も3割に上って正直どうなんだろうと思っている人もいるが、診察と処方箋共に負担金を全額支払わなければならないアメリカと比べたら、まだ日本の保険制度は優秀だと気付くところだ。

その点を承知した上でアメリカでの生活を覚悟しなければならない、また歯科関係の保険というのもあるので必要に応じてこちらも加入しなければならないことを考えると、年間で掛かる保険料はかなり負担として大きなところだろう。