就職に必要な知識

アメリカでは転職はなんでもないこと

求人広告を探して就職することになった際、色々と覚えておいたほうがいい事もある。それは仕事に対してそこまで愚直なまで日本人としての気質を投入する、といった気概を見せないほうが良いというところだ。何といってもアメリカにおいて残業はほとんどしない、仕事に対しても自分のミスはまず認めず屁理屈から口論をする、といった日本の社会人で考えるとあるまじき姿と見なす人もいるだろう。しかしこれがアメリカなのだ、そしてまた大きく違っているのが職に対しての考え方だ。

日本では1つの企業にどれだけ長く勤務していたかどうか、といった部分を重視する傾向がある。新卒として入社した人でも最低3年間は企業に勤めてみて、転職を考えるといったものが基本だ。それなりに長く働いている人でも、時と場合によっては首を切られてしまうなどの転職を余儀なくする状況に追い込まれるときもあるかもしれない。しかしここでもアメリカの面白いところで、むしろ転職をする事はマイナスではなく、いつでも気軽にするものだと考えているのだ。まるでファッションを楽しんでいるかのようなところだが、肩書きも一気に変身して生まれ変わるといったところだ。職を点々としてしまう事は日本ではあまり良く見られないのが通常であり、それに伴って企業も採用を思いとどまる判断材料と見なしてしまうところがある。ここでも日本人らしいといえばあれだろう。

しかしアメリカにはアメリカらしい就職活動時における、気をつけなくてはならないことが定められている。日本においてもそうだが、とにかく門扉を開くために鍵となる『履歴書』は、アメリカにおいても企業が就職希望者を見出すために必要な材料となっているので、慎重に作成しなければならない。

履歴書の作成における注意事項

履歴書、アメリカ式ではレジュメといったほうが正しいのでレジュメで統一して行くが、とにかく就職を希望している本人としても面接へとその道筋を切り開くことが出来るかどうか、とても重要な武器であることに変わりはない。日本でも履歴書の内容如何で全てが変わってくるほどであり、アメリカでのレジュメでもきちんとしていなければろくに相手もされない。ただアメリカのレジュメにおいては日本のように決まった書類に記載して行くのではなく、ワードなどのプログラムを使ってレジュメ作成を行っていく。そんなレジュメの書き方として気をつけなくてはならないことがあるので、その点を挙げながら話をしていこう。

レジュメ作成の注意事項

キチンとした内容にする
当然だが、レジュメの内容によってはまともに話を聞いてもらえないので、内容を意識する必要がある。基本的なところとして誤字脱字をしない、内容を適当にしない、といったところだ。また企業に提出する際に、その内容が企業のスタイルに準じた内容になっているかどうか、というのも大事なところだ。全く関係のない情報を記載されても企業としてはまるで興味がない、無駄なく簡潔に1枚で記載するのがベストとなっている。
アピールすれば良いわけではない
レジュメにおいて確かに自己PRするための手段として用いられることにはなるが、だからといってフォントをオリジナルにしたり、また用紙などを派手なものにしたりするなど、華美にするのも当然だがマナー違反となる。一般的な目線で、これなら企業としても問題ないレベルと判断できる内容にするためにも、堅苦しい表現に留めておく事がベストだろう。いくら国風が自由だからといってレジュメにも奔放さを持ち込むのは、お門違いといったところだ。職に合わせるようにしながらも、ふざけた感が出ないようにする匙加減が肝心だ。
カバーレターについて
会社によっては提出を義務付けているところもあるが、中には明記していない会社であったとしても応募する職務に対していかに自分の経験やスキルが伴っているかをアピールするためにも、必要なものなので作成して行く。中には必要としないところもあるが、大多数が必要としているので作成することを前提に、そしてこのカバーレターの中身云々によってまた面接にまでいけるかどうかが決まってくる。企業としても最初に目を通す書類となっているが、ここでもやはりパラグラフとして最大でも3つまでにまとめたものにする。

レジュメを作成したからといって、終わらない

その他、レジュメに自身の氏名や住所といった個人情報の他、職に対するやる気や自身の長所といったところはもちろん、最終学歴や職歴、さらに能力とコミュニケーションスキルといった点などを記載することも忘れないようにしよう。但しレジュメ作成において、年齢や性別などを記載しないのがアメリカらしいところだ。性や年齢で差別するといったことをしないのが実にアメリカらしいところだ。

無事作成し終わったからといって、それで就職が決まるわけではない。今のアメリカでも就労状況は思わしくなく、特にリーマンショックなどの経済ショックが起きた際には多くの人々が生活基盤を失われることになるなど、とてつもない被害を被ることになった。また最近の話では連邦政府が機能停止してしまったことで、公務員が仕事を必然的に休まなければならない等、市民の生活に打撃を与えることになるなど、あまり状況がよろしくないことばかりが頻発しているのも、アメリカらしいといえばアメリカらしいのかもしれない。

憧れのアメリカ暮らしを夢見るのは構わないが、何か1つに特化したスキルなどを所持していなければ正直なところ、アメリカでの就職は難しいだろう。日本でもそうだが、経験値がないと結局自分にとって何一つ利益になることはないということだ。何事も経験を積んでから仕事をする、残念だがそれはアメリカでも同様であり、そして事実を直視しなければいけないことになる。