オクラの米国株投資実践記

2020年6月のまとめ

目安時間:約 2分

2020年6月の米国市場は、
3月の下落からの回復に対し、一服の調整を見る週でした。

 

Teslaの株が最高値を更新

電気自動車メーカーのテスラ(Tesla)の株価が1000ドルを突破。

時価総額はトヨタを超え、世界一に。

割高感はあるものの、どこまで伸びるのでしょうかね・・・

 

Amazon,MSFTも強い

amazonやマイクロソフトの株も堅調です。

amazonも3000ドルを超えそうですね。

 

一方で、FB(フェイスブック)やGOOG(アルファベット)の株価は
下落。

広告ビジネスは最近イベントの中止や外出制限、自粛などの影響の出る分野です。

また、政治的な絡みもあり・・・

ちょっと落ち着くまでにはかかるかもしれませんね。

 

ファストリー、スクエアは続伸

ファストりーやスクエアはどこまで伸びるのでしょうね。

そろそろ調整モードかもしれません。

ただ、調整のあと下落するか、再び上昇するかはわかりません。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

Copyright (C) 2020 オクラの米国株投資実践記  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。