オクラの米国株投資実践記

アメリカ株投資情報サイト13選【2020年9月】情報収集のカギ!

目安時間:約 7分

今回はアメリカ株投資の情報サイトをご紹介します。

短期トレードの方、長期銘柄のアイデアをお求めの方に。

 

アメリカ株投資情報サイト13選

investing.com

 investing.com 

 

月間PV数150MPVの投資情報サイトです。
マーケット情報、ニュースから各種指標、経済カレンダーなど幅広い情報を取り揃えています。
市場のセンチメンタルから、各種インデックスや人気銘柄の「Buy」「Hold」といった
意見なども掲載されておりぱっと見で分かりやすいです。

トップページから銘柄のスクリーナーにもすぐに移動できます。

アナリストのレポートは専門性が高いですが
やや堅苦しいの印象もあり、読みにくく感じる人もいるかもしれません。

 

finance.yahoo.co.jp  ・finance.yahoo.com

続いてヤフーファイナンス。

月間3.65BPV(日本のものは2.3BPV)。日本で

finance.yahoo.co.jp でおなじみです。

幅広いニュースが多いので情報収集には便利です。

ただ、情報の質は玉石混交。

吟味する必要があります。

スクリーニングやチャートも、無料でも充実しています。

fool.com

老舗の投資会社モトリーフールです。

月間60.9MPV。

fool.com 

投資アドバイザーサービスをメインに、ETFや資産運用なども行っています。

銘柄情報は複数のコラムニストが執筆しており、

若干「煽り」的な要素もありますが、きちんとファンダメンタルに基づいたレポートとリスクを明示しているので
リスクも知りつつ銘柄を自分で選択する場合の情報収集にはイチオシです。

有料のストックアドバイザーサービスがあり、

当サイトの管理人も有料サービスを利用しています。

 

sbisec.co.jp

こちら日本のSBI証券。

取引口座からニュースまで幅広く利用することができます。

管理人はメインで利用しています。

 

sbisec.co.jp 

seekingalpha.com

月間30MPV。

多くのコラムニストが執筆しており、ニュースや投資のアイデアが豊富に掲載されています。

有料会員限定の記事もあります。

とはいえ、中にはリスク面に関して十分に検討していない記事もありますので
内容は十分に吟味する必要があるでしょう。

https://seekingalpha.com/

 

fidelity.com

fidelity.com

月間86MPV。

日本でもCMを見かけるフィデリティのサイトです。

主に資産運用の情報などが充実しています。

エンターテイメント性はあまり高くはありませんが、顧客への情報提供といった意味合いでは有用です。

例えば、「5G銘柄」として以下のようなものが紹介されています。
クアルコム QCOM
エリクソン エリック
ノキア NOK
Skyworksソリューション SWKS
マーベルテクノロジーグループ MRVL
コルボ QRVO
アメリカンタワー AMT
クラウンキャッスルインターナショナル CCI
SBAコミュニケーション SBAC
Verizon Communications VZ
AT&T T
T-Mobile US TMUS

新興の成長株よりも大型の銘柄を紹介しています。

このほかにも

バークシャーハサウェイ BRK / B
アッヴィ ABBV
ジョンソン&ジョンソン JNJ
フェイスブック FB
マクドナルド

といった大型の安定銘柄を「優良」として紹介しています。

tradingview.com

月間97MPV。

マーケット情報は有用とは言えませんがトレーダーの書き込みなどは散見されます。

チャートが利用しやすいので、情報収集目的よりもチャート利用目的のユーザーが多いのでしょう。

 tradingview.com 

無料でも高機能のチャートを利用できますが、有料会員だとさらに便利な機能を利用することができます。

ameritrade.com

月間25MPV。

オンライン証券会社です。

ameritrade.com 

ニュース関係はさほど多くありませんが、堅実な内容です。

9月1日の例を挙げますと

・市場は上昇が続いている。5~10%の引き戻しは健全である。
・ZOOMの方向性
・TESLAの株について

など簡潔にまとめられています。

あおるような色彩はなく、読みやすいですね。

schwab.com

チャールズシュワブです。
ファンド、株式、ETFや先門などの金融商品を取り扱っています。

 

schwab.com

 

 

robinhood.com

無料手数料で利用者上昇中のロビンフッドです。

robinhood.com 

ただしアメリカ在住者以外は口座を開設することができません。

 

eastmoney.com

月間63.7MPV。
中国のサイトです。

 eastmoney.com 

中国株を取り引きされる方はこちらのサイトが情報が充実しているでしょう。

moneycontrol.com

月間57MPV。

こちらはインドのサイトで、情報もインドの視点中心に描かれているものが多いです。
インドに注視している方に。

 moneycontrol.com 

 

iqoption.com

ブラジルの株式取引プラットフォームです。

FX情報なども掲載されていますが、あまり充実していません。

iqoption.com 

 

以上、世界の投資情報サイトをご紹介しました。

 

8月が好調だった場合9月の下落に気を付ける必要がありそうです。

ただし、年後半に再度上昇の期待もあるので利益確定には慎重になりましょう。

この記事に関連する記事一覧

Copyright (C) 2020 オクラの米国株投資実践記  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。